長く維持してく為の外壁塗装メンテナンス方法

材質によって最適な塗料選び

外壁メンテナンスとしての塗装

外壁メンテナンスとしての塗装工程というものがあります。外壁にどの塗料を塗るかは、色味で選ぶよりも、実際の壁の補強になり、塗装剥がれが起きないようにと言う、施工の構造面からの技術を強調しなくてはなりません。材質によってその素材にのる塗装形態も違ってきます。そして、外壁メンテナンスを考慮するのであれば、その外壁の構造を耐久年数の増加という思惑をもって構成しなくてはなりません。材質により最適な塗装を実現するには、まず点検項目からどのような外壁材と壁の支持体構造になっているかを入念にチェックした上で、管理者やオーナーがこれがどのくらいの期間を見越した上で運営されるかという相談・会議が必要です。外壁メンテナンスでは、その印象やイメージングも重要ですが、実際のビル管理や建物運営にあたっては、長期的な視野をもっている管理者が望まれます。そして、その長期的な観点をもって、不動産を管理していく際に、最適な塗装という観点も、長期保存の効いた強固な塗装で仕上げることができます。塗装における耐久度にはやはり塗料の価格帯も関わってきますので、内部の居住スペースが以下に満たされているかを考慮し、その空きスペースをなくしていくかという運営・管理側の計算能力も必要です。

材質を見抜いた塗装メンテナンス

材質を見抜く作業には、メンテナンスと同時に点検作業が必要になります。点検によっては、外壁の支持体である素材までの見抜きが必要な事があり、特に漏水と関与性があるケースでは、その外壁材の内部がどのようになっているかを確認する必要もあるのです。これは築年数の大幅にきているタイプや、高層系のビルディングには必ずしなくてはならない点検項目になります。材質によって塗料の質を変えていくことは、塗料はがれだけではなく、漏水の危険性を払拭していく意味にもなりますので、塗料の下地材にもそのコーティングの素材が重要です。コーティング剤では収まらないケースにおいては、外壁の支持体に対する補強も重要ですので、外壁塗装だけの施工にはならない場合もあります。外壁メンテナンスは、建物の補強という面で施工を準備して、メンテナンスでチェックした項目に補強施工をしていくというプロセスになります。

外壁材に合う塗料を使用した最適な塗装メンテナンス

最適な塗装とは

最適な塗装というものは、外観としても見栄えがよくなります。これは塗装の塗料だけの問題ではなく、建物を補強している管理組合やオーナー・管理業者がしっかりしているという証明になります。ですので、その外壁の材質が耐久度が落ちている場合においても、建物管理という観点から耐用年数を増やしていく塗装技術が必要です。これは築年数ごとの外壁材の仕組みによっても変わってきます。昨今ではアウターパネルとしての外壁に、プラスティック素材を入れているものがあり、石造りやレンガ造りというものは見受けられません。ですので、レンガ造りやそのタイルづくりに対する最適な塗装は存在しなくなります。そして、昨今のパネル外壁素材では、その耐用年数の違いにより、塗装剤をプラスで塗ったほうがいいケースもあります。レンガ造りやタイル作りにおいては、コンクリートの目止めに日々が入っているケースが有り、その箇所に補強用のシーラントを保護材として使用する方式もあります。そして、タイル式の隙間に塗装を施すという方式があります。これはコンクリートの隙間から壁面漏水が起きないようにする仕組みです。

外壁の効果をもたらす

外壁の効果をもたらすというものに、プラスティック素材に塗装を重ねる方式があります。昨今のパネルに於いては漏水の全く起きない素材を使用していますので、その上から塗装を重ねることは、漏水対策という意味にはなりません。そして、パネルの隙間の樹脂剥がれがある場合は、塗装を急に塗り込むのではなく、シーラントプライマーを充填してからが、その施工となります。そして、塗装がしっかりと付くように、下地材としての塗装剤も必要です。ですので、壁面の素材に従って、どの部分を補強とすべきか、そして、どこまでを塗装するかは、漏水対策の観点からすると、部分的に別れます。一緒くたに同じ色にしてしまうという方式は、建物の築年数を保持するという観点では、一概には言えません。つまり、建物補強という観点では壁面の一部の補修、そして修復塗装で充分なのです。外壁のパネルに関しても、その材質は保証されていますので、その外壁パネルに塗料を含める必要は基本的にありません。より隙間としての充填剤から考慮するのが、塗装のやり方になります。また、材質が木材であった場合には塗料の重ね塗りという仕組みも必要ですが、材木の劣化の度合いによっては、材木をプラスティックパネルに置き換えるという手法も必要でしょう。材質の素材の老朽化に従って、そしてその補強の観点から塗装を何層か重ねていくという手法は、しっかりとした外壁のメンテナンス点検から生まれてきます。